栃木県 二宮町 せんだん幼稚園 理事長コラム

戻る

2001/12月

  怒濤の和太鼓演奏に驚愕!(S保育園公開保育)
 さる11/17に総幼研の公開保育が茨城県S保育園で実施されました。その中で強烈な印象を受けたのは、年長児の内の1クラス28名による和太鼓演奏発表でした。器楽合奏とは又ひと味違う、いなせに装った28名全員の素晴らしいバチさばきとカッコいい振りの入った気迫溢れる太鼓の怒濤の音音音・・の迫力にただただ圧倒されてしまいました。はっきりいって二宮町の大人による尊徳太鼓は負けてるー、という感じです(関係者がいたらゴメンナサイ。でも実際そう思いました)。幼児一人一人の本来もっている力をきちんと伸ばしてあげて、それを結集するとそれはすごいものだな、大人顔負けだな、ということをあらためて実感しました。こどもたちの本当の力って実にすばらしいものですね。

 犬のしつけ教室に行く
 動物愛護センターから白いワン子(名は華ミルク)が番犬(?)として芳全寺にやってきた。愛護センターからの譲渡犬には2回のしつけ教室への参加が義務づけられる。犬のしつけ方について、専門家の指導を受けるのは初めてであった。その概要は、次の通り
・人間に対する攻撃性の排除の為のコントロール(口を触る)
・合図と、それに見合った行動ができたときのごほうび
・悪いことをした場合の対処(騒がない、体罰をしない、無視する)など
今回の教室で感じたことは、幼児期のしつけと一脈通じるなー、ということです。スキンシップ、良い行動をほめる(ごほうび)、など人の子も犬の子も同じですね。

戻る