栃木県 二宮町 せんだん幼稚園 理事長コラム

戻る

2学期を迎えて
 いよいよ夏休みも終え、2学期がはじまりました。
 子供達の生活リズムが一刻も早く戻り、元気に園生活ができますよう、力を合わせてまいりましょう。一日一日が子どもたちにとっては大切な成長の時です。一時も無駄にはしたくないものですね。
 さて、夏休みの間、当園の先生たちは教研大会(東京)を始めとする各種研修会へ参加、幼児教育の研鑽をさらに深めてまいりました。2学期以降の準備もすでに整え、いよいよはりきってお子さまの教育にあたってまいります。どうぞご期待ください。
 運動会、遠足、卒園旅行、バザー、もちつき会・・・楽しい行事も沢山の二学期、一つ一つの経験を積み重ねる度に子供達の成長もはっきりと感じられることでしょう。又、保護者の皆様方の出番もあります。ともに楽しみながら、ご一緒に歩んでいきたいと思っています。どうかよろしくお願い申し上げます。

自己を磨くという崇高な目的の下に・・
 人生の目的とは何でしょうか? きっと人それぞれの答えがあることでしょう。仕事で成功し、お金をたくさん儲けて楽しい時を過ごす、温かい家庭をつくる、などなど、いろいろあると思います。
 私は人生には人に課せられた共通の大儀=目的があると考えています。それは言ってみれば自己の人間としての精神性、こころの純粋性とでも言うものを磨くことではないかと思っています。
 自分が人としてこの世に生まれ、自分自身として存在することには余程の理由と意味があってのことだと思うのです。どんな人生でも意味のない人生などはなく、存在価値のない人などもいません。誰でも自己を磨くという崇高な目的の前に最高の存在意義と理由を保有しているのです。それが為に人として生まれ、生かされているのではないでしょうか。
 子供たちも自己の修練という尊い目的の為に今、この世に人として生まれ私達と関係しあっているに違いありません。
 私達(保護者の皆様方も)にはそのような子どもたちとのかかわりを通じ自己を磨いていく研鑽の場が与えられています。
 アァ!! 崇高な人生の目的に乾杯! 感謝! しませんか? きっと未来への道には春風がふいてくることでしょう・・!?