栃木県 二宮町 せんだん幼稚園 理事長コラム

戻る

 実りの秋、こどもたちのひたむきさに学ぶ

 暑かった残暑の9月も過ぎ、いよいよ秋本番の10月ですね。今月は運動会や町の音楽会などの発表行事、そして楽しいイモ掘り会など秋ならではの行事があります。保護者の皆様方も楽しみにされていることと思います。
 さて、始めは何といっても「運動会」ですね。当地区では9月上旬の中学校を手始めに各小学校が既に終わり、今月からは一斉に各幼稚園での運動会シーズンに突入です。運動会については保護者OBの方から「幼稚園の時の運動会が一番楽しいよ!」とは、よく言われます。一番かどうかは別として、幼稚園の運動会が楽しいことに関しては、当事者のこどもたちにとっても、観覧する保護者の皆様にとっても本当のことだと思います。
 では、なぜ幼稚園の運動会は楽しいのでしょうか?
きっとそれは初めて社会生活に入った子どもたちがひたむきにプログラムに取り組むからだと思います。そして、運動会でのそんな姿の中にこれまでの練習などを一生懸命頑張ってきたことがにじみ出るからだと思います。そんなこどもたちの波動(オーラ)を受けて楽しさを感じるのではないでしょうか。
 何事も「努力なくして感動なし」「ひたむきさは味わいの基」ですね。
大人の世界に目を向けてもみましても、何かに一生懸命取り組み、頑張っている人は魅力的に映りますし、応援してあげたくなります。でも、たいした努力もせずに要領よくうまくやっているなーという人をみると、つい足をひっぱりたくなったりもするものです。事がうまく運ぶかどうかといった「つき」「運」というものは、案外この辺に関係しているのかもしれません。
 ともすると世の中の一部の風潮として、[努力する] [真摯に頑張る] [きちんとする] などという純粋な精神性に対して、「チョーださぁ‾」と揶揄したりする人たちがいます。そしてそう言われるのを恐れて同調し横道に逸れていってしまう人もいます。でもそうした態度の行く末はどんなものでしょうか。このような変にかっこつけた殻の中に留まってしまっている人は人生の「つき」とか「幸運」とかとは無縁な生き方を選択してしまっていると言えると思います。そのままでは一生本当の楽しさや感動、といったすばらしい体験をすることはないでしょう。
 こどもたちのひたむきな汗に感じ、純心な姿に自分の生き様を見直す機会にしたいと思っています。