栃木県 二宮町 せんだん幼稚園 理事長コラム

戻る

 充実のスタッフ体制で新年度スタート
 平成19年度がスタートしました。入園、進級おめでとうございます。
 今年度は初めてお子様を幼稚園に上げる方もたくさんいらっしゃるようですね。緊張と不安な気持ちで入園を迎えたかもしれません。でも心配するのも、ほどほどで大丈夫かと思います。今年度、当園は今までになく充実したスタッフ構成にてお子様を受け入れる体制です。4学年4クラスの編成に対し、クラス担任4名+補助員4名、計8名で対応いたします。将来を見据えての子供達の健やかな成長を願い、充実した教育環境(人的)を整えて、大切なお子さまを育成してまいる所存です。職員一同、頑張ってまいりますので、どうぞご安心ください。

 早寝・早起き・朝ご飯
 新年度の当初は園生活へのリズム付けの時です。
■充分な睡眠と朝食をとる ことを基本に
■遅刻をしない■(病気でない限り)園を休まないようにしましょう。ご協力宜しくお願いいたします。

 春風の吹く幼稚園
 当園の理念を一言で言うと 愛の「こころ」で春風を吹かせよう、ということです。
ここで言う「愛」とは見返りを求めず、本物の成長を願って、望ましい環境を与え続ける、という意味です。道元禅師の言葉に
「花一人開くにあらず、春風来たりて開くなり」というものがあります。今、境内の桜も満開となり、生命の輝きを放っていますが、このようにすてきな花が咲くのは、春の訪れを告げる春風の力によるものです。これを子育てに当てはめてみると、子どもの本物の成長(花開く)を決定づけるものが春風に象徴される望ましい育ちの環境となりましょう。
 子育て真っ最中の保護者の皆様方の願いは、子ども達の幸福でありましょう。幸福の定義にもいろいろあるでしょうが、単なる「今だけ楽しければ」的幸福は直ぐに潰えてしまうことでしょう。未来に向けての「幸福実現力=たくましく育ちゆく力」こそ本当の幸福、そしてそれを実現させるのが当園の「春風」の教育です。
 そして春風は園だけでなく、是非ご家庭でも吹かせていただきたいと思います。
 ※参考までに
 ◎◎春風にあたるもの(=愛)
  ・絵本の読み聞かせ・スキンシップ・いろいろな運動・豊かな言語環境・音楽
  ・集団での活動とけじめ・様々な表現活動・望ましい生活習慣づけ、しつけ
  ・我慢する体験・笑顔で接する etc

 ××春風ではないもの(≠愛)
  ・求められるがままに与える・長時間のTV・ゲーム漬け・虐待・放任・家庭不和
  ・過保護・スパルタ・誤った子ども第一主義・ネグレクト・受動喫煙
  ・乏しい活動体験 etc