建造物芳全寺内の史跡について

阿弥陀如来座像

鋳造(青銅製)は寛保2年(1742年)。

手の印相は来迎印(らいごういん)といって救いと導きの為に人々を迎えに来ている意を表しています。

左手;摂取の印(仏の慈悲の光が迷い苦しんでいる人々を救いとる意を表す)

右手;召喚の印(智慧をもって衆生を招き、呼び寄せる意を表す)となっています。

県の指定文化財になっています。

元々は露仏で参道の南端(岩瀬街道寄りの地点)、西側にあった。明治35年台風被災、明治40年に山門の内、西側に移設。

平成23年、3.11東日本大震災で被災、倒壊。

平成25年に修繕事業竣工、現在の本堂前、西側に再移設されています。


総門

参道の一番目の門です(最も南の位置)。珍しい大谷石葺きの四柱門です。建造は享保年中(西暦1716年から1735年)。

明治35年台風被災、明治40年に屋根等を修繕、参道下より現在の場所に移設されています。

門額の記は「栴檀林」で、学問の聖地への入口であることを示しています。又、正面向かって右側に「不許葷酒入山門」(酒に酔った者はこの門から中に入ってはならない)の碑が建っています。

この碑は以前、山門前に設置されていたものですが、2005年に総門前に移設されています。

市の指定文化財になっています。


山門

参道の二番目の門です。銅板葺きの六柱門です。

建造は享保年中(西暦1716年から1735年)。

門額の記は「開海禅窟」で、禅の真髄を開く道場の入口であることを示しています。

市の指定文化財になっています。

明治35年台風被災、明治40年に屋根を改修しています。


鐘楼堂

入母屋瓦葺十二柱の堂です。

建造は大正4年、第二十五世 東海礒天大和尚により、建造されました。

当梵鐘の銘には「奉祝 天皇陛下聖壽無窮」「奉祭 歴朝天皇神霊尊儀」とあり、戦時中、金属類供出の危機に面したとき、当住の儀天和尚は「天皇陛下をお守りする為の鐘を供出せよとは、何事ぞ!!」と一喝し、断固としてこれを許さず、供出を免れたという逸話が残っています。

伝説に残る「蟠龍の大鐘」は残念ながら焼熔し、現存していません。


厄除延命地蔵尊

境内六地蔵檀の中尊に宝永3年(西暦1706年)に造顕された延命地蔵尊が祀られています。

第十世 岩照印叢大和尚の時代に厄除延命地蔵尊として祀られたといわれ、地元の方々の信仰を集めています。